日本公民館学会について

​   

日本公民館学会は、2003年5月17日に発足し、毎年度の研究発表大会、年報の刊行、『公民館・コミュニティ施設ハンドブック』(エイデル研究所、2006年4月)、『公民館のデザイン―学びをひらき、地域をつなぐ―』(エイデル研究所、2010年12月)の発行と精力的に活動を拡充し、公民館研究の先駆けとなっています。2018年5月現在、会員数225名と、ますます発展する日本公民館学会にご期待下さい。

2021-2022年度 理事体制   (第19回定期総会で承認・2020/12/6)

会長

上田 幸夫 (日本体育大学) 

副会長

内田 光俊   (岡山市立西大寺公民館)

石井山 竜平  (東北大学)

山本 秀樹 (帝京大学)


事務局長

上田 孝典   (筑波大学)

生島   美和(帝京大学)
木下   巨一(長野県生涯学習推進センター)
田所   祐史(京都府立大学)
丹間   康仁(千葉大学)
手打   明敏(東京福祉大学)
長澤   成次(放送大学千葉学習センター)
村田   和子(和歌山大学)
矢久保 学  (公益社団法人松本地域シルバー人材センター)


 

理事
秋元    淳  (木更津市役所)
荒井  容子 (法政大学)
安藤  耕己 (山形大学)
岩松  真紀 (明治大学)
上野  景三 (西九州大学)
内田  純一 (高知大学)
大野木 龍太郎(日本体育大学)

  岡   幸江 (九州大学)

荻野  亮吾 (佐賀大学)

歴代役員

(2018.12改定)

(2004.05)

(2003.04)