研究大会

 

October 03, 2020

第19回研究大会 自由研究発表のエントリーについて

今年度の第19回研究大会は、長野県松本市を会場に開催する予定でしたが、

現状を鑑みて12月5,6日(土日)の日程でオンライン開催することに決定いたしました。
つきましては、自由研究発表のエントリーを下記のとおり行います。日頃の研究成果
をご発表いただき、会員間で活発な討議を行う機会となることを期待しております。

          記

【自由研究発表】の日程: 12月5日(土)15:30〜
発表エントリーの受付期間: 10月5日〜10月25日(日)
申込用紙に必要事項を記載のうえ、学会事務局までメールにてお申し込みください。
kominkangakkai@yahoo.co.jp
※発表時間は個人発表20分(質疑5分)、共同発表40分(質疑5分)です。
※発表数によって、最後に全体質疑の時間を設けます。

                           以上

November 05, 2019

第18回研究大会のご案内

第 18 回研究大会のご案内

参加申し込みはこちらのいずれかから12月4日までにお願いします。

Web申し込み: https://forms.gle/fff8MSSY9VymbQY17 

Mail:kominkangakkai.yahoo.co.jp (メールの場合は、懇親会・理事会の参加の有無と15日のお弁当申し込みの有無についてもご記入ください)​

日時:2019年12月14日(土)・15日(日)
場所:山形大学小白川キャンパス 地域教育文化学部 1 号館1階
(理事会は3階133演習室)
スケジュール:
◆12月14日(土)
10:30~12:10 理事会
12:00~12:30 受付
12:30~15:00 開会式・課題研究①「公民館職員の養成・採用・研修」
15:20~16:50 課題研究②「次年度の課題研究テーマについて」
17:00~18:00 定期総会
18:10~20:00 懇親会
◆12月15日(日)
 10:00~12:00 自由研究発表
12:00~13:00 昼休み
13:00~15:45 会場校企画
「公民館のコミュニティセンター化とその定着に関する検討」(2時間45分)
16:00 閉会式
■課題研究①「公民館職員の養成・採用・研修」
司会:石井山竜平(東北大学)
報告①「松本大学の地域人材養成と社会教育士」向井健(松本大学)
報告②「長野県の社会教育関連政策と社会教育士」木下 巨一(長野県教育委員会)
報告③「松本市の公民館運動・政策と社会教育士」矢久保 学(元・松本市役所)
コメント 蛯名 博人(宮城県教育庁)
 長澤 成次(放送大学千葉学習センター)
■課題研究②「次年度の課題研究テーマについて」
司会:上田幸夫会長(日本体育大学)

1.判例研究(九条俳句問題の継承) 谷和明(東京外国語大学 名誉教授)
2.平和構築学習(7月集会を受けて) 佐藤一子(東京大学 名誉教授)
3.SDG'sと公民館 山本秀樹(帝京大学)
4.災害と向き合う公民館 長澤成次(千葉大学 名誉教授)
今年度、新たに課題研究のテーマを設定いたします。理事会においては上記の4案が検討されましたが、会員相互でこれからの公民館について深めるべき課題をご議論いただき、テーマの設定につなげていきます。
■自由研究発表

第1会場:地域教育文化学部1号館1階114教室   司会 久保田 治助(鹿児島大学)
1.丹間 康仁(帝京大学) 10:00~10:25
「市民と学生による公民館の共同探究―日野市中央公民館とゼミの連携実践の展開と検証―」
2.浅野 秀重(金沢大学名誉教授) 10:25~10:50
「社会教育を巡る判例に関する考察」 
3.植原 孝行(元高崎市公民館) 10:50~11:15
「続・公民館主事の専門性を培う――わたしの経験から」
全体討論 11:15~11:40

第2会場:地域教育文化学部1号館1階111教室   司会 生島 美和(弘前学院大学)
1.ペンタム ピヤワン(筑波大学大学院) 10:00~10:25
「タイにおける「足るを知る経済」学習センターのカリキュラム開発の特色に関する研究
―チェンマイ県メーリム郡を事例に―」
2.河野 和枝(元北星学園大学)K.ネンシュテール(北星学園大学) 10:25~11:10
「観光と地域づくり~社会教育・公民館の可能性についての一考察」
3.山本 秀樹(帝京大学)、斎藤 真哉(板橋区教育委員会) 11:10~11:35
「東京都板橋区における地域団体を主体とした SDGs 実施の取り組みと社会教育施設
の役割について」
全体討論 11:35~12:00

■会場校企画「公民館のコミュニティセンター化とその定着に関する検討」
コーディネーター:安藤 耕己(山形大学)
趣旨説明「山形県における公民館/コミュニティセンター」安藤 耕己(山形大学)
報告①「鶴岡市大山コミュニティセンターのこれまで・現在・これから」
櫻井 修治(鶴岡市大山自治会会長)・高橋 久史(同事務局長)
報告②「鶴岡市教育委員会社会教育課とコミュニティセンター」
佐藤 嘉男(鶴岡市教育委員会社会教育課課長)
報告③「庄内教育事務所の市町村支援の現状と成果および課題」
小澤 敏一(山形県庄内教育事務所社会教育課課長)
コメント:髙橋 由和(特定非営利活動法人きらりよしじまネットワーク事務局長)
※スケジュールや内容は一部変更になることもあります。随時、HP でお知らせしますので、ご確認ください。

August 12, 2019

第18回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

日時:2019 年12 月14-15 日(土日)
会場:山形大学

第18回研究大会において、自由研究発表を希望される方は、以下の要領に従って必要事項を記入の上、お申し込みください。なお、未発表のオリジナルな内容に限ります。

◎申込期日 9月 30 日(月)
◎申込先 日本公民館学会事務局(メール)kominkangakkai@yahoo.co.jp


◎必要事項

1) 発表形態(口頭(プロジェクター使用の有無も)/ポスター)
2) 発表タイトル
3) 氏名/所属(共同研究発表の場合は全員)
4) 代表連絡先(住所、電話、メールアドレス)

5) 発表要旨(A4一枚 書式自由、ワードとPDFにてご提出ください)。

◎申込資格
2018 年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も、メンバー全てが会員であり、会費を完納していること。

◎発表形態
1) 口頭発表:
 個人研究発表は、発表時間 20 分(質疑 5 分)。共同研究発表は、登壇者 2名の場合発表者 40分、3 名の場合 50 分。
2) ポスター発表:
 掲示するポスターの大きさは 788 ㎜×1091 ㎜(模造紙大)とする。OHP、スライド、VTR などの使用は不可、資料などの印刷物の配布は可とする。

【申込書xls】

1 / 8

Please reload

 
 

研究大会の記録

2009.12 第8回研究大会(高崎市)

2008.12 第7回研究大会(広島市)

2007.12 第6回研究大会(浦安市)

2006.12 第5回研究大会(川崎市)

2005.12 第4回研究大会(松本市)

2004.11 第3回研究大会(さいたま市)

2003.11 第2回研究大会

2003.05 第1回研究大会

  ■日本公民館学会事務局■
 〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1

 筑波大学人間系(教育学域)生涯学習学研究室気付
E-mail:kominkangakkai@yahoo.co.jp

日本公民館学会   Copyright (C) The japan Society for the study of Kominkan